ジムニーJB64ドアダミーヒンジ取付

今度はドア用のダミーヒンジ購入

先日取付けたダイス(Dice)のボンネットダミーヒンジですが、自分流に加工して取付けてみた所、思っていたより良い感じになりました。

こんな感じです ↓

ジムニーのボディーカラーであるスペリアホワイトに塗装してから、別途購入したシルバーメッキのダミーボルトを10ヵ所に取付けています。

これに気を良くして、今度は同じくダイス(Dice)から発売されている、ジムニーの左右ドアのそれぞれ上下合わせて4ヵ所に取付けられるダミーヒンジを取付けてみようと思い購入しました。

勿論、イメージを統一する為にボンネットダミーヒンジと同じように自分流に加工してから取付ける予定です。

こんなパーツです ↓

Dice for Jimny JB64ジムニー JB74ジムニーシエラ用 ドアヒンジセット(4個セット) 未塗装 ダイスノヒンジ 新型ジムニー 両面テープ貼り付け ウレタン製

実際届いたパーツ ↓

加工するのが前提なので、未塗装のものを買いました。取付用の両面テープと取付方法が記載された説明書も付属しています。

なお、予めジムニーのボディーカラーに塗装済のものも購入できます。

ダイスのドア用ダミーヒンジを加工

今回手に入れたダイス(Dice)のドア用ダミーヒンジも例によって自分流に一工夫してから取付けしたいと思います。

大まかに説明すると、パーツの左右および上下合わせて20ヵ所に付いてるダミーの六角ボルトを全てカットしてから、ジムニーのボディーカラーであるスペリアホワイトに塗装したうえで、別途購入したシルバーメッキのダミーボルトを取付けるという流れになります。

まずは既存のダミー六角ボルト(上下および左右合わせて20ヵ所)を全てカットする所から始めます。

カット完了です ↓

20カ所あるダミーボルトの頭をすべてノコギリでカットして、ヤスリで削ってから塗装がのりやすいように耐水ペーパーを軽くかけておきます。

次にカットした六角ボルトの替わりに、取付け予定のシルバーメッキのダミーボルトをセットする為の穴をドリルを使って開けてから、プラサフ(下塗り塗料)を全体的に吹き付けます。

こんな感じです ↓

なおプラサフ(下塗り塗料)は一度軽く拭きつけて、下地がヤスリなどで荒れている部分をタッチアップペンなどで修正しながら、何回か吹き付けをしています。

この段階で、別に購入していたシルバーのダミーボルトを仮付けしてみて、問題が無いかの確認をしてみました。

こんな感じです ↓

このダミーボルトも楽天市場で見つけた汎用 タイプのもので、クロームメッキタイプのダミーボルトになります。

こんなパーツです ↓

前回ボンネットヒンジの時に買ったのは、Mサイズで直径が約17mmのものだったのですが、今回はSサイズで直径12mmの方を選択しました。

全部で20個のダミーボルトが必要です。

なお、パーツに付属している固定用のネジは使用せず、固定は接着剤を使用します。先日ボンネットヒンジを加工した時に残っていた接着剤です。

ここまで準備が完了したら、プラサフ(下塗り塗装)の上に今度はスペリアホワイトのスプレーを吹き付けていくのですが、少し時間を空けながら何回かに分けて塗装していきます。

塗装が終わって完全に乾燥してから、シルバーダミーボルトを接着剤を使って20ヵ所全てに貼付けて今回の加工および塗装作業は終了です。

加工&塗装完了 ↓

何とかうまくいったので、あとは付属の両面テープでジムニーの左右のドアに貼付けるだけとなりました。

ビフォーアフターでどうぞ ↓

ダイス(Dice)のヒンジ取付

加工&塗装が完了したら後は、パーツに付属している両面テープでジムニーに取付けるだけなのですが、両面テープがパーツ裏面に予めセットされているわけではなく、両面テープを自分でヒンジ裏面に合わせてカットしながら貼付ける必要があります。

こんな感じです ↓

このドア用の方はパーツ点数も多くて上下左右がややこしいので、裏面にテプラでシールを作成して貼付けておきました。

取付ける位置とかに関しては、同封されている説明書に記載されてますので、その通りに貼り付ければ大丈夫です。

ここで注意しないといけないのが、説明書にも書かれていますが、ヒンジ本体及び貼付けるボディー部分をシリコンオフなどで脱脂しておいた方が良いと思います。

さらに取付けに当たってはいきなり貼付けるのではなく、まずパーツの位置を仮決めして全体のバランスを見ながら、マスキングテープで印を付けたうえで作業した方が確実だと取付けられると思います。

取付(貼付け)完了 ↓

ボディー左側ドアの写真です。

ボディー右側ドアの写真です。

今回取付けたダイスのドア用ダミーヒンジと、先日取付けた同じくダイスのボンネットダミーヒンジ、更にJAOSのフェンダーガーニッシュやガラスリッドなどとのイメージ統一も出来たので良いと思っています。

あとはボディーサイドに、前にも付けていた艶消し黒のモールのようなものを再度取付けてみたいと思ったりしています。

ジムニーJB64ワイパーベーストリムを塗装

ジムニーワイパーベーストリムの変色の件

最近になって気になってきた事があります。それはジムニーフロントのワイパーシャフトの周辺部分に付いている樹脂製の黒いパーツ(ワイパーベーストリム)が白っぽく変色してきているという事です。

多分未塗装の樹脂製パーツによく見られる、直射日光や雨・風などによって樹脂がダメージを受けることで起こる経年劣化が原因なんだと思います。

こんな感じです ↓

ただ経年劣化も原因の一つだとは思いますが、どうもパーツの表面がザラザラな感じになっているので、ワックスなどが付着すると上手く拭き取りきれずそのまま残ってしまったりしている事もあるのかなと思います。

取外したパーツです ↓

左右のパーツを取外してみました。全体的に白っぽくなっていて、一部分はワックスの拭き残し? のような所も有りそうです。

表面がザラザラしている関係で、ワックスがけした時などに付着したものが完全に拭き取れなくて、白っぽく残ってしまっているように見えます。

この問題の対策について、ネットで色々調べてみた結果、樹脂パーツ用のコーティング剤などがあるらしい事がわかってきました。

こんな商品もあるようです ⇒ソフト99|soft99 ブラックパーツワン

商品によって持続効果は変わりますが、基本的には液剤をスポンジなどで塗る事によって、以前の黒色が復活する共に汚れや白色劣化を予防できる商品みたいです。

ジムニーワイパーベーストリムの塗装

この問題についてネットで色々調べてみて、自分なりに出した結論は市販の缶スプレーを使用して、つやけし黒に塗装するという解決策です。

その時にパーツ自体の表面がなるべくツルツルした感じに仕上げられるように、まず耐水ペーパーなどで表面を滑らかにしてから、プラサフ(下塗り塗料)を使って下地づくりをして、上塗り塗料である艶消し黒で最終的に塗装する方法で仕上げてみようと思っています。

使った塗料です ↓

下塗り用のプラサフと上塗り用のつや消し黒のスプレーを使いました。

まずは耐水ペーパーでパーツの表面が出来るだけ滑らかになるように研磨し、十分に乾燥させてからプラサフを何回かに分けて塗り重ねます。

使った耐水ペーパーは、#600と#1000、#2000などです。

こんな感じです ↓

この時になるべく表面のザラザラが滑らかになるまで何回か重ね塗りをします。

次にプラサフが完全に乾燥するのを待って、上塗りのつや消し黒のスプレーをこれも何回かに分けて塗り重ねていきます。

塗装完了です ↓

かなり塗り重ねたので、パーツの表面もほぼ滑らかに仕上りました。

ビフォーアフターでどうぞ ↓

⬇️ ⬇️ ⬇️ ⬇️ ⬇️

これでワックスなどの拭き残しなども無くなると思いますし、経年劣化で白っぽくなっていた部分も完全に黒さが復活しました。ここまで出来たら後はジムニーに元通りに取付けるだけとなりました。

塗装済みワイパーベーストリムの取付

塗装も完了したので、とりあえず元に戻してみました。

写真では分かり難いと思いますが、以前よりかなり「黒さ」が復活しています。

ワイパーも元に戻しました ↓

右側の写真です。

左側の写真です。

これで今日の作業は終了ですが、しばらく様子を見ていきたいと思います。

ジムニーでちょっとお出かけ!

いつもより上流の方へ

今日は朝から天気も良いので、ジムニーでいつも行ってる河原よりもっと上流の方に出かけてみました。

途中地元で有名なフルーツサンドを買って、コンビニに寄ってお弁当とノンアルコールビールやスナック菓子などを調達して、現地でゆっくりする「つ・も・り」👍

まずは現地で景色の良い場所に車を止めて、テーブルやイスをセッティング。かなり前から使っているものなので、今時のオシャレなものでははありませんが十分役に立ってくれます。

本当はバーベキューセットやタープテントなども持っているのですが、最近はほとんど使った事がありません😅

こんな感じです ↓

思っていたより風が強い日でしたが、私たちの他にも何組かのグループやソロでデイキャンプを楽しんでいる人も居られます。

食後に先ほど買ってきたばかりのフルーツサンドを食べたりしながら、ゆっくりとした時間を過ごしてきました。

こんなサンドイッチです ↓

ミカンが丸ごと1個分サンドされたものと、キウイ・バナナなどミックスされたサンドの2種類を買ってきました。

ジムニー写真も撮りました!

折角の機会なのでジムニーの写真も何枚か撮ってきました。

こんな所です ↓

ほんの数時間の事ですが、綺麗な景色を見ながらゆっくりできたので良かったです。